風俗に行く前に是非読んで欲しい体験談です。

嬢のおかげで夢を諦めずにすみました

五反田 デリヘル
俺はミュージシャンになるためにバイトをしながら生活をしています。路上ライブをやったりライブハウスを借りてライブをやったりしているんですけど、なかなか芽が出ず……。そうこうしているうちに俺は30歳に。俺、このまま売れずに終わるのかな……。鬱々とした気分を晴らすために、俺は思い切って風俗を使うことにしました。五反田のデリヘルを家に呼んだんです。そこで来てくれた女の子がめちゃくちゃ好みで、沈んでいた気持ちも浮上。女の子に俺の身の上話をすると、「諦めないでください!私、全力で応援しますから!お仕事がお休みの時はライブも行きます!」と言ってくれたんです。すると次のライブの時、彼女は本当に来てくれました。「えへへ、本当に来ちゃいました♪かっこよかったですよ」と、可愛い笑顔で言ってくれたので、諦めずにミュージシャンを目指せそうです。もちろん、今でもたまに彼女を家に呼んで抜いてもらってますよ。なんだか彼女ができたみたいな気がして、気持ちが満たされます。

お隣のお姉さんはデリヘル嬢

漫画みたいな体験をしました……本当に夢のようです。実はずっと憧れていたお隣のお姉さんが、風俗嬢だったんです!!僕は何も知らずにデリヘル店に連絡を入れてフリーで女の子を手配したんですけど、インターホンが鳴ったので玄関に出てみたらお隣のお姉さんが立っていたんです。お姉さんも僕もかなり驚きました。お姉さんは「チェンジだよね、ごめんね、お店に連絡するね」とかなり動揺していましたが、僕はお姉さんを自分の部屋に無理矢理上げました。「ううん、チェンジしない。僕、お姉さんにずっと憧れてたんだ。だから、ね?」といって、プレイになだれ込んだんです。お姉さんは僕が何かするたびにアンアンと可愛く喘いでくれて、アソコもぐしょぐしょに濡らしてくれました。愛しさがこみ上げた僕はお姉さんのアソコを高速手マン。お姉さんは勢いよく潮をふきました。プレイが終わったあと僕はお姉さんにしっかり告白。すると、なんとお姉さんからOKを貰うことができたんです。ね?漫画みたいな話でしょう?

今日はついている!と思ったら……

今日は一日ついてました。朝、電車で眠くてふらふらしていたら席を譲ってもらえたし、会社では上司に褒められるし、会社のマドンナと呼ばれているKさんに話しかけられるし、いいこと続きです!!この勢いで風俗使ったら、めっちゃ可愛い子に接客してもらえるんじゃ??と思って仕事終わりに自宅にデリヘル嬢を呼んだんですけど、……世の中そんなうまくいきませんね……。やってきたのはブス……。今日の運は日没までに使い切ってしまったようです……。はあ……でもなんだかチェンジするのは申し訳ないので、そのままプレイすることにしました……。あまり期待していなかったんですけど、そのブス、テクニックはなかなか達者でした。驚きです。でも嬢のルックスを見ているとイケそうになかったので、目をつむって嬢からの施しに意識を集中してイキました。最終的にイケたからまあいいんですけど、今度はもっと可愛い子に相手してもらいたいな……と思いました。

その他の記事